絵が売れるには

絵が売れない人の特徴と売れない事に対する解決策

絵が売れない人の特徴と売れない事に対する解決策 -「売れる」とは?

結論を先に言いますと
そもそも絵に限らず「売れる」には
「セルフプロモーション」をしてから

「商品を販売」した方が
確実に継続して収入を売ることが出来ます。

大体のクリエイターは
まず個展やイベント販売を先にやりたがり

販売→集客→営業とやってしまいがちですが、
真逆の営業→集客→販売の順で行えば
確実に絵(商品)を買ってくれる人は増えます。

そしてホームページ、ブログ、動画配信、
SNS、メルマガ配信を駆使し
複数の自動で集まる集客の柱を
地盤として固めて置きましょう。


絵(商品)が売れなくても
他に収入(アフィリエイトなど)が
入るようになれば
最終的に会社勤め、アルバイトをしなくても
黒字収入で暮らせるようになり、
絵に費やす時間が増えることになります。

絵が売れない人の特徴と売れない事に対する解決策 – 絵が売れない人の特徴

  • 無名なのにいきなり個展やイベント販売をする
  • 数を描けば誰かが勝手に見てくれると思っている
  • いい物を描けば誰かが勝手に見てくれると思っている
  • 基本的な技術が身についていない
  • 手を抜いている
  • 受け身の姿勢でいる

大体はこれに当てはまると思います。
これだけじゃ説明不足なので
1つずつ詳しく解説します。

  • 無名なのにいきなり個展やイベント販売をする

個展を開くことはクリエイターにとって夢です。
しかしセルフプロモーション(自己営業)を
行っていないと人が集まらずに
絵が売れないどころか全く人が来ない…
という
状況になります。

イベント販売(即売会)にも同じことが言えます。
購入者は
超有名人→有名人→ちょっと有名→まあまあ有名→あまり有名でない→無名
と順番にスペース(ブース)を回っていき

無名ほど財布の紐が硬くなり、
イベント(即売会)の時間が経つにつれ
人そのものが減っていきます。

無名状態で出ると殆ど売れず
交通費、宿泊費、印刷代、他経費等
大赤字になるだけ
です。
これは実際私も経験しましたし
周りの無名サークル(ブース)も
あまり売れている様子はありませんでした…。

今はコロナでイベントが中止に追い込まれ
イベント会社や印刷所が本を刷るように
呼びかけていますが
無名の作家が本を出した所で赤字と
沢山の在庫を抱えるだけです。


自費出版(同人誌)が無条件で売れたのは
バブル時代の頃のお話

今の売れている大体の作家が
商業活動しているクリエイターばかりです。

今頃同人に参入しても
レッドオーシャンの激戦区
なので
無名の作家が参入するには
作品を沢山作って発表するよりまず
セルフプロモーション(自己営業)
をしてから参入した方が
効率が良く売れるでしょう。

  • 数を描けば誰かが勝手に見てくれると思っている

私は過去に他の上手い絵の人たちを見て
「何でこの人は上手いのに売れてないんだろう…」
何度も思ったことがあります。

今なら原因はわかりますが
セルフプロモーション(自己営業)
を行っていないから
買う側(購入者)が気付いてもらえずに
素通りをしてしまうから
です。


これは非常に勿体ない事であり、
機会損失も大きいです。

昔の私も「沢山作品を描けば売れるはずだ!」と思い、
沢山描いてきましたが
セルフプロモーション(自己営業)を
全く行っていない為
全く売れる事はなく大赤字を抱える事になりました。

大きな失敗の黒歴史ですね笑

  • いい物を描けば勝手に見てくれると思っている。

今でも物づくりの産業とか
クリエイター界隈に多い思考ですが
現実は全く通用しない考え方です。

沢山の人に見てもらって
沢山の人が「これはいい物だ!」
思わせるものが本当にいい物です。


自分から「いい物ができたぞ!」と
絵(作品)を人に見せても反応が悪い時は
「いい物」だと思い込んでいる場合があります。


これから脱却するにはまず
セルフプロモーション(営業)を勉強して
実践してから技術を磨けば
集客も良くなりますし、
たちまち反応は良くなります。

  • 基本的な技術が身についていない

独学で絵を学ぶ人もいますが、
基本的な技術(デッサンや道具の使い方)等を
知らないと人から
「下手だなあ」「画力がない」と思われてしまいます。

これを治すには絵画教室で
手取り足取り教えてもらうと良いでしょう。

教室も講師によって
さまざまな教え方がありますので
自分の欲しい技術を確実に手に入るような講座を見抜いて
講師を選びましょう。


本から学ぶ方法もありますが、デッサンやパース等は
講師に教えてもらった方が分かりやすい
です。

  • 手を抜いている

手を抜いて描いていると絵の知識のない人でも
「手を抜いているな」
「書き込みがないな」

と思われて人が離れてしまいます。


毎回いい意味で人を裏切るような
品質(クオリティ)の作品を発表し続け
リピーターを放さないことが大事です。

手を抜かず本気で書いた作品は
何年、年十年、年百年と評価されます。

  • 受け身の姿勢でいる

「いつかきっと評価されるだろう」と
描いているだけでは仕事や集客はできません。

セルフプロモーション(自己営業)をし
会社にポートフォリオを送るなどして
営業をして攻めの姿勢で行かないと行けません。


公募展も良いですが確率が低いので
まずはHP・ブログ・メルマガで集客をしてから
作品を売り込むと仕事が確実に来ます。

絵が売れない人の特徴と売れない事に対する解決策 – 「誰も知らない人の物なんて買う訳ないじゃん」私の失敗体験談…

私は過去に
漫画のイベント(同人即売会)に出て
全く売れなかったことと
イベントに出るたびに
赤字が膨れ上がっていくことに
多大なストレスを感じていました。


昔は「イベントに出続ければ知名度が上がる」
「腕も上達して本も売れるようになっていく」
勝手に思い込み一人で搬入や搬出をして
積極的にイベント参加していました。


しかしその努力は全く実ることが無く
水の泡になりました。


知り合いに相談したところ
誰も知らない人の物なんて買う訳ないじゃん
という言葉ではっと気が付き
同人活動そのものを辞める事にしました。
これ以上活動しても苦痛と赤字が膨らむだけだと
気が付いたから
です。

営業を怠った私が売れる訳が無いのです。

当時は売れない原因は
才能がないからだと落ち込んで
筆を折る事も考えましたが、
某恩師と某オンラインスクールのおかげで救われて
新しくHP・ブログを立ち上げて
作風を売れる明るい作風に方向に一新して
積極的に他作家さんと交流するようになり

忙しなく動く同人活動だった生活とは逆に
今度は絵画でゆっくりと絵を描いて暮らしたい
目標を定めるようになりました。

絵が売れない人の特徴と売れない事に対する解決策 – 知られなければ意味がない

どんなに「良い物」でも人に知られなければ
お蔵入りか最悪ゴミに捨てられます。


知名度が無い作家の作品は
キャンバスを剥き出しにされたまま
破格の価格でフリーマーケットに売り出される
悲しい現実があります。

これを避けるにはセルフプロモーションを
きちんと勉強し集客をしてから販売をし続ける事で
世界に向けて知名度を上げる事が出来る
のです。

絵が売れない人の特徴と売れない事に対する解決策 – フリマサイト/オークションサイトで売るのは安売り競争になるだけ

よくヤフオクやメルカリで
破格の値段で手描きイラストを
販売している人がいますが、
自分の価値を安売りしているような物
です。


オークションサイトやフリマサイトは
絵画を描いている人向けの
サイトではない
ので
値切りをしてきたり
1万以上の価格設定をしていると
いちゃもんをつけられたりするどころか
ここで販売するとは落ちぶれたんだなあ
と最悪の評価を貰う
ことになります。

デジタルイラストで仕事を貰いたい方は
ココナラが有名ですが
ここでも破格の安売りをしていたり
クライアントも質の悪い人が多く
ライバルが多い為登録はお勧めしません。

レビューサイト(みん評)を見ると分かりますが
SNSやHPなどのURLを表記していると
急に停止したり運営の評判も悪いです。

他人のプラットフォームで
商売するのではなく
自分でHP・ブログ・メルマガを立ち上げて
集客・ファン化・リピーター作りを
目指した方が効率的
です。

絵が売れるには
最新情報をチェックしよう!