イラストレーターに依頼

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法(テンプレート付)

WEB イラストレーターに依頼

こんにちわ、poyotan115です。
今回は依頼側の視点に立って
イラストレーター(絵師)と
画家に依頼する方法を教えます。

ただイラストの依頼方法だけを教えるのは
他のブログと同じになってしまうので
私なりの考えを添えて
依頼者が気持ちよくやり取りできるように
先に注意点を多めに書いておきます。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – 守秘義務がなっていないイラストレーターには依頼をしない

よくSNS等でイラストレーター
(絵師とも言います)と
依頼が上手くいかず
DM内容が晒されたりして問題になっていますが、
これは大事な取引を
簡潔にやろうとするから
上手く行かないのです。
メールでやり取りをしましょう。

取引をするには何度か確認したり
修正する必要があります。

イラストレーター側が交渉決裂した問題を
SNS等で必要以上に拡散したがります。
(実際悪質なクライアント数多くいます)

トラブルを避けるため、
個人案件はNGのイラストレーターは大勢います。

しかし逆に真面目なクライアント側が
孤立しやすくなっている状況を見て
正直「酷くない?」と思いました。

依頼側としては
たまったものじゃありませんよね。

依頼側と受注側は対等であるべきであり、
絵師様が
絶対上で機嫌を損ねてはいけないという風潮
はおかしいと思います。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – SNSしかやっていないイラストレーターには依頼しない

SNSのみで活動しているイラストレーターは
趣味でやっている人達が殆どで
真面目に仕事を募集している人は
殆どいないと言って良いでしょう。


仕事を募集している意欲のある人は
メールアドレスを記載しており、
そこで仕事の依頼をするように誘導しております。

SNSのみで活動している人は
コンプライアンス意識が低く
何の躊躇もなくDMの内容を晒す
悪質なイラストレーターも多い
です。

確かに内容が酷すぎて晒したくもなるDMも
あると思いますがこんなことをしている限り
真面目な依頼者も頼みたいと思う人が
いなくなるでしょう。

これが私がSNSオンリーで活躍するイラストレーター
に依頼することをお勧めしない理由になります。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – コミッションサイトは安物買いの銭失いになりやすい

ココナラ、SKIMA、Skebなど
コミッションサイトが増えてきましたが
相場が安すぎる
ので
イラストレーターに取っても
数をこなせばこなす程苦痛になっていきます
クライアント側でも損が大きくなります

過去の記事でイラストレーター視点で
絵を安売りにするデメリットを
書きました。

納品をせずお金を持ち逃げしたりする
悪質なイラストレーターもいる
ので注意が必要です。

安い金額を提示すると
安いから我慢しろという意見を
押し付けられるので
絵を依頼するには
5万円~以上を払う気持ちでいましょう。


イラストレーターにとっても
運営も対策に不真面目だったり
外部URLが禁止という厳しいルール
があり
イラストレーター、クライアント側
でも不利になります。
手数料も多めに運営に取られてしまいます。

以上がコミッションサイトで依頼する事を
お勧めしない理由になります。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – HPとブログを持って本気で仕事を募集している人に依頼する

SNS、コミッションサイトが駄目というなら
何処で絵を依頼したらいいの?という方は
HPかブログ内で
オファー・お問い合わせフォームを
設置している本気で仕事を募集している人
をお勧め
します。


金額・ポートフォリオを公開しており
専用フォームを設置しているHPやブログは
クライアント側も安心して以来する事が
出来ます。

もしトラブルがあっても
HPやブログを設置している人は
責任感が強いので返金に対応したり
迅速な返信をした
りと
信頼が出来る人が多いのです。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – 画力・絵柄ではなく人柄・常識がある人に依頼する

作品と人格は関係がないと言われる
イラストレーター界隈ですが
(画家はもっとぶっとんだ性格の人が多いです)
最近は通じなくなっており、
絵が上手くてもきちんと
仕事をしないイラストレーターは
クライアントの横の繋がりによって
情報共有されて仕事が来なくなり詰みます。


これからは人柄やコミュニケーションが上手く
今の時代に上手く適応ができる
イラストレーターにしか
仕事が来なくなっていくでしょう。

メールにこまめに返信したり
修正箇所があってもきちんと適応できる
責任能力があって信頼できる
イラストレーターに依頼した方が
精神的にも安心します。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – 初対面での挨拶の依頼文のテンプレート

〇〇様

初めまして、〇〇(貴方の名前)と申します。
現在イラストの依頼を受け付けは可能でしょうか?

ご依頼可能の場合、
受付可能の内容の詳細を教えていただけないでしょうか。

ちなみに〇〇の絵を依頼したいと思っています。
メールアドレスは下記になります。
〇〇〇@〇〇〇.〇〇〇(貴方のメールアドレス)

返信お待ちしております。

〇〇(貴方の名前)

いきなり「絵を描いて下さい!」と
連絡するのは失礼に当たります
ので
まずは挨拶をし現在仕事を受け付けているか
確認を取りましょう。

仕事を募集をしているイラストレーターでも
既に何件か案件を抱えていて
時間がかかる場合があるので
そこについても確認しましょう。

断られた場合や時間がかかる場合は
別のイラストレーターに依頼と頼むと
良いでしょう。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – 対応可能であれば内容を伝える依頼文のテンプレート

〇〇様

返信ありがとうございます。
〇〇(貴方の名前)です。

描いてほしいイラストの詳細と
金額は下記になります。

【金額】
・キャラ人数
・キャラ名
・性別
・性格
・身長
・体型
・髪型
・髪色
・瞳の形
・瞳の色
・服装
・表情
・ポーズ
・背景
・雰囲気
・備考

参考用に写真を添付致しますので
よろしくお願いいたします。

説明不備の点や質問等ありましたら
メールに返信お願いいたします。

〇〇(貴方の名前)

金額は最低5万円~以上は提示しましょう。
絵を描くのには労力と時間が必要ですので
安値を提示しないようにしましょう。

どんなイラストを描いてほしいのか?
をイラストレーター側に分かりやすいように
箇条書きで出来る限り細かく指定
すると
修正を少なくする場合が出来き
速く納品される事が出来ます。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – 修正は一度に多く伝えて回数を減らさせる

何度も無料で修正させる事は
失礼に当たります
しイラストレーター側に
嫌われるので絶対に辞めましょう。

修正回数は多くても3回まで
修正箇所はある場合
一度に多く伝えて回数を減らさせる努力をしましょう。

修正を何度も依頼してしてしまった場合は
修正料金をしっかり支払いましょう。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – 連絡は迅速な対応をする

連絡は24時間以内に取る事が大事です。
連絡が遅いとお互いに取引が上手くいかずに
失敗してしまいます。

お互いに貴重な時間を無駄にしない為には
必要です。

極力トラブルを避けるイラストの依頼方法 – まとめ

  • 守秘義務がなっていないイラストレーターには依頼をしない
  • SNSしかやっていないイラストレーターには依頼しない
  • コミッションサイトは安物買いの銭失いになりやすい
  • HP・ブログを持って本気で仕事を募集している人に依頼する
  • 画力・絵柄ではなく人柄・常識がある人に依頼する
  • 修正は一度に多く伝えて回数を減らさせる
  • 連絡は迅速な対応をする

以上が極力トラブルを避ける
イラストレーターに絵を依頼する方法になります。

貴方(クライアント側)が注意する点としては
敬語を使って上記の事を守れば
ほぼトラブルが無くスムーズに
納品物を受け取る事が出来、
イラストレーターにも信頼を得る事が可能
なるでしょう。

イラストレーターに依頼
最新情報をチェックしよう!