同人誌

二次創作の同人は今後売れなくなる!?

こんばんわ、poyotan115です。
今回は巷で騒がれている
同人業界についてお話します。

同人の話は絵画とは
趣旨が離れているのではないか?
と思われていますが
絵を描くという分野に置いては
同じ
と考えています。

漫画を描く人は同人の言葉の
聞いた事は多いと思いますし
自主出版をしている人も多いでしょう。

今回はオリジナルではなく
二次創作
(キャラや作品の世界観を借りて
自分流のアレンジをして作るファンアートの事)

について書きます。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – 同人とは同好の人が集まるという意味

同人」というのは「」じ志向を持った「」達が
集まって作品集を発表し合うという意味になります。

最初は「同人誌」は作家同士で
交換し合っていましたが
作れない人達が「お金を出してでも欲しい!」
という意見によって
金銭で売り買いできるようになるようになり
同人誌即売会」が誕生しました。

今は一人の作家が1冊丸ごと制作する本が
殆どですが、昔は高かった印刷費を複数人から
集めて「合同誌」が殆どでした。
今はオンデマンド印刷の登場により
印刷費が格段と安くなり
一人でも刷れるようになったので
個人誌」が殆ど割合を占めるように
なりました。

ですので極論を言えば
絵画制作に勤しむ人達もまとめると

」じ志向を持った「」達が集まるので
同人活動」とも言えます笑

同人即売会がどういった雰囲気なのか
知りたい方は「こみっくパーティー
というギャルゲーがお勧めです。
昔のゲームですが
かなりリアルに書かれています。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – コロナ禍によってイベントが開催しにくくなった

新型コロナウィルスにより
コミックマーケット、コミティア等
大型の同人即売会が
中止になってしまいました。

中小規模の同人即売会は
再開しつつありますが、
肝心のサークルや一般参加者が
来ないケースが多いようです。

特に女性向けのイベントだと
同調圧力で出るに出られないサークルや
一般参加者が多い為
イベンターは困っている様子です。

コロナ対策にオンライン同人即売会
のサイトがあります。
picSQUAREが登場しています。

オンライン同人即売会には
交通費、宿泊費がかからないという
大きなメリットがあります。

他にもありますので興味がある人は
探して見て下さいね。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – 同人即売会が無いと同人誌は作られない

同人即売会が無いと
印刷所のスケジュールの締め切りに
合わせて描く必要が無くなります。

この状態が続くと作家のやる気が
減って
同人誌そのものを描く気力が無くなります

私も締め切りが無いと
動けない人間なので分かります笑

ただ同人誌が作られないと
印刷所も利益が減っていくので
撤退する会社も増えていきます。
(実際に撤退した印刷所もあります)

更に同人即売会や同人通販にも
大打撃が起きて最悪
同人文化消滅になる可能性もあります。

同人誌即売会が中止続きになる

作家は
印刷所の締め切りに合わせなくともすむ

作家のモチベーション低下により
実本の同人誌が作られなくなる

印刷所の利益が低下し撤退し始める

同人誌通販の企業に新作が入らなくなり
閉店し始める

印刷所もない、通販の企業もないので
更に同人誌が作られなくなる

同人誌即売会の継続が難しくなり
終了する

同人文化消滅

このように連鎖反応を起こして
最悪のルートを辿ってしまう場合もあります。

これを脱却するには
同人即売会をオンライン上でやれるように
適応していく事が必須
でしょう。

しかし問題は扱いが難しい
二次創作のイベントはやりにくくなるでしょう。
現状オンライン即売会は殆どが
一次創作(オリジナル)
で占めています。


理由は下記に書きます。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – 二次創作同人の通販はグレーゾーン

二次創作はそもそも著作権侵害に当たり
版権元に目をつむってもらって
黙認されている状態に当たります。

なので最近はネットで
同人活動を告知するようになり
版権元に目を付けられやすい為
とても危険です。

現在は二次創作を公認している版権元も
いてガイドラインを出している
版権元もいます。

ただしそのような寛大な版権元も
世界観を破壊するような
アダルト物は殆どNG
でしょう。

なのでほとんどの二次創作は
グレーゾーンに当たり
二次創作の同人の通販は
実はとても危険で
最悪訴えられるケースもあるのです。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – DL同人で二次創作をやるとほぼ削除申請が来る

DL同人(ダウンロード販売)だと
元手も掛からず利益率が高いので
ほぼ確実に版権元から削除申請が来ます。


実際にDL同人は何度か削除申請や
訴えられているケースがあります。

なので稼げる!と思っていても
危ない橋を渡る行為は
しない方が無難です。

利益が更に高いコミッションサイト
は完全にブラックでほぼアカウント削除

に追い込まれます。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – 素人の創作よりも公式に貢ぎたい考えが増えた

最近は同人そのものに否定的で
素人の二次創作同人より
版権元の公式にお金を入れる
(貢ぐ)行為の方が
健全的だという
考えが広まり始めました。

「公式が最大手」と言われています。

特にソーシャルゲームによくある考え方です。

私もコロナ禍に入ってからは
同人誌は買わなくなっていきました。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – 今はガイドラインを出している公式が多い

二次創作を公認している公式(版権元)も
最近は出始めました。

正しお金を取らない無償のファンアートを
許可すれば自分達の作った作品を
広めて貰えるという考えで行われている
のが殆どで世界観を壊す二次創作は
NGを出すことでしょう。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – DL同人はオリジナルが無難

上記の事を踏まえてDL同人は
オリジナルが無難
ですし
キャラクターや世界観も
愛着が持つと思います。

元手が掛からず利益率も高いので
オリジナルオンリーで
行きましょう。


サイトはDLsite、FANZAが有名ですが
アダルトばかりが占めていますので
Kindleが健全でユーザーも
沢山抱えているので
そこで公開する事をお勧めします。
会員登録を済ませている人たちも
多いので他のDLサイトに登録する手間が
掛からないのです。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – オリジナル同人でやると固定ファンが付く

一次創作(オリジナル)創作を続けていると
固定ファンが付くようになります。


同人通販サイトも
オリジナルを前面を押し出して
販売をするようになりました。

ただし一から
キャラクター、世界観、ストーリーを
考えなければいけないので
二次創作よりも大変ですし
なかなか売れません。

しかしそこを乗り越えれば
固定ファンが付くようになります。

有名な大型即売会ではコミティア
という創作オンリー即売会が有名ですが
イベントに頼らずに売れる方法を
作る
にはオンライン上でも
完売できるようになる事が
必須だと思います。

二次創作の同人は今後売れなくなる!? – 単価の高いオリジナルグッズを作るべし

「本を出すのは難しい」という方は
pixivFactorySUZURI
オンデマンド印刷サービスを
使えば在庫を持たずに
単価の高いグッズを作るのが出来ます。

しかし本(漫画)本は苦労して作った分
ファン化しやすいので
漫画を描きたい!という方は
是非挑戦して見て下さい。

絵画と違うのは一番難しい
ストーリー構成をしなければ
後々後悔する事になるので
きちんと考えなければいけません。

絵画も漫画も絵にストーリーを
込めるという意味では同じですが
漫画家は監督業に近いですし
ページ数当たりの単価も少ないので
とても大変です。

現物を売る事しかできない
単発仕事の
フロー収入
だと今後
食べていけなくなります。

なので単価の高いグッズ製品を作るか
サブスクリプション
(ファンクラブやコミッション)

を導入するストック収入

安定した生活を送る事が出来ます。

同人誌
最新情報をチェックしよう!