才能

画力と才能とは「腕を上げつつ継続させる」事である

おはようございます。
poyotan115です。
今は若くても才能があって
絵が上手い人達が多くて
圧倒されるばかりです。

今日は才能に関する話をします。

画力と才能とは生まれつきもったものではない

「才能ないね」
「画力がないね」

って言われると凹みますよね。
しかし言わせておけばいいのです。


今から正しい知識と技法を実施
することを何度か繰り返して
いけば絵は嫌でも上手くなるのです!

努力の方向性を間違えずに
数をこなして手を動かして
描いていく事がとても重要です。

後でめちゃくちゃ上手くなって
馬鹿にする人たちを

見返してやりましょう!

画力と才能は努力しないと枯れる

いくらプロのイラストレーターや画家でも
手を動かさないと感覚が鈍り
絵がだんだん雑になっていきます。
見る人によっては「劣化した」
言われるようになってしまいます。


これは学習して自分の脳に取り込む
意欲がないから手癖で描くように
なってしまうからなのです。

現状維持だと間違いなく
下に落ちていきますので
常に改善点を見つけて上昇するように
意識しましょう。


改善するには常に資料や技術書、
他の作家の作品を沢山見ることで
刺激を受け、
常に新しい技法を取り入れる
ようにしましょう。

重要なのは資料や技術書を
見るだけではなく
手を動かして実践することです。
見るだけでは上達しません。

画力と才能を現状維持ではなく常に上昇する事を意識する

絵を描く事だけではなく
ブログの記事を執筆するのも同じく
改善点と見やすさ、情報の濃さを
意識して数を描くとだんだん
上達し早く書けるようになります。


poyotan115の場合
最初は1記事書くのに数日かかっていましたが
今は大体1記事1日で執筆する事が
出来るようになりました。

クリエイター業全般に言えますが
現状維持だとだんだん
自分のハードルを自分で下げてしまいますので
常に勉強して上達出来るように意識しましょう。

自分で締め切りを作って
自分で追い込むとかなり作業効率が
アップします!

画力と才能は誰でも最初は才能は無いけど勉強で成長できる

一部の天才を除いて
誰だって最初は初心者です。

しかし勉強をして知識を蓄積して
それを実践する…を繰り返しておけば
自分に才能が出来上がります。

才能というものは
元から完成されているものではなく

自分で成長できるかどうかで
才能が開花するか、あるいは
何の努力もせずに枯れるかと
言うものです。


才能を枯らしたくなければ
人に徐々に認められるように
正しい知識をインプットして
実践を繰り返していきましょう。

私もまだまだスタート地点に
立ったばかりなのでこの記事を
見ている貴方もお互い頑張りましょう

画力と才能は情報をインプットし続けてアウトプットする事

過去の記事にも書きましたが
様々な書店、図書館にいって技法書や画集を
見てみると良いでしょう。

今ある自分の脳内の知識だけでは
絶対にネタ切れやアイデア枯渇を
避けられないので
読書は必ずした方が
新しい知識をインプットする事が
出来ます。

絵の売り方も大変重要なので
WEBマーケティングの本や配信動画を
見るべきです。


マーケティングにも力を入れる事に
よって他人のプラットフォームに
依存せずに商品が売れるようになるのです。

画力と才能 – 一番手軽なのが技法メイキング講座動画を沢山見る

お手軽なのは技法を知る方法は
動画配信サイトで技法を伝えている動画を
見る事です。
きちんとしたノウハウがあり
技法が非常に詳しく紹介しているチャンネル
を紹介します。

水彩画
Watercolor by Shibasaki
https://www.youtube.com/c/WatercolorbyShibasaki/
油彩画/アクリル画/水彩画/マーケティング
絵画をたしなむ
https://www.youtube.com/channel/UCKVrJn3t_GBVjUEoR1y5lqQ/
アクリル画/マーケティング/知識
フリーランスお絵かきTV
https://www.youtube.com/channel/UChOb2sJSlC1sRxBMCg58faQ/
アクリル画/マーケティング/メンタル
ジンジンアートch
https://www.youtube.com/channel/UCsrlUvKpXjjOJjWFYqRJYUg/
デジタル絵/マーケティング/メンタル
さいとうなおき
https://www.youtube.com/channel/UCxuipVSw8ajLZPgSyKmw6Ag/

どの方もプロで詳しく教えて頂けて
大変参考になるチャンネルです!

是非動画を見るだけではなく
手を動かして自分流に取り込んで
実践して下さい
ね。

画力と才能 – 技法を具体的に知りたいのであれば専門書を見る

技法を知るにはやはり道具の使い方と
図書館や本屋で技法書や専門書を
借りるか買うと良いでしょう。

間違った道具の使い方をして
画材を無駄にすることも
避けられます。

そして手を動かして実践して
失敗を繰り返して
改善を繰り返していけば
才能も伸びる事でしょう。

才能
最新情報をチェックしよう!