地方民の同人活動

売れなくてお金がない人向けの同人活動

こんばんわ、poyotan115です。
今はネットのおかげで
同人活動をやることに
お金を全くかけずに
済むようになりました。

東京や大阪のイベント会場に
何か月もかけて準備して
同人誌を売る事は
昔の話で今はネット通販オンリーでも
同人誌を売れるようになりました。

最近ではデジタル同人
(略してデジ同人)
というものが流行っていますが
ほぼ成人男性向けオリジナル
しか売れない
ので
従来の同人活動とは別物です。

結論から言うと
今から同人に新規参入するのは
既にネットの人気作家でないと

売れるのは難しいので
お勧めしません。


理由はこれから説明します。

同人誌が売れない – 今後は売上が二極化する同人業界

過去に書いた記事の通り、
今後は二次創作より公式に貢ぎたい方や
他の趣味にお金を使いたい方が
増えたため、昔のように
同人誌で大金を簡単に稼ぐことは
難しいです。

同人誌が売れない – コロナ禍で変わる同人活動

コロナ禍により従来の沢山の人が
引き詰める大型同人即売会の開催が
困難になりオンライン同人即売会が
新たに出現
しました。

これによって
地方在住でお金のない方や
社会人で時間が足りない方も
気軽に参加
できるようになりました。

同人誌が売れないのは貴方が悪いせいじゃない

よく同人誌が売れないと嘆くと、
「お前の実力不足だ」
「画力が低いから」
「漫画がつまらないから」

と言う人がいます。


正直に申し上げると
こんな事を言う人は
貴方の創作物を買わない
ただの冷やかしか
嫌がらせをする為の障害物

でしかないので、
聞く耳を持つ必要は全くありません。
むしろ逆にやる気が下がる
だけでネガティブな感情を
持ってしまう
ので
関わらないようにしましょう。

むしろこんなことを言う人は
やる気を下げさせて
ライバルを減らす事が
目的なのかもしれませんが。

専業でやっていても
趣味でやっていても
同人活動は同じ趣味が
好きである者同士で
楽しく活動したいもの
です。

貴方が同人誌が売れない原因は
貴方だけのせいではありません。
複数の原因と運が絡み合って
結果売れなくなって
しまっているのです。

同人誌が売れない – 同人誌の赤字を抑えて在庫を抱えたくないのであればコピー本が最強

同人誌は特性上
部数を刷れば刷るほど
単価が安くなる性質があります。
この性質上
最低100部以上は刷らないと
厳しい
です。

少部数のオンデマンド印刷なら
数十部で済みます

正直に申し上げて
この部数ならコピー本の方が
かなり格安に書店に委託する
事が可能
です。
とらのあなアリスブックス
はコピー本の委託可能です。

もし貴方が同人誌が売れないと
思うのであれば
コピー本のみを作り、
オンライン同人即売会オンリーで
参加する
のを強く推奨
します。

従来のイベント会場に出向いて
同人誌を売るのは
赤字が膨らむだけでなく
精神的にも金銭的にも
限界が来て最悪筆を折る事に
なります。

同人誌が売れない – 大手サークルしか同人誌の通販は売れない

今はコロナ禍で同人誌全体が
落ちており同人愛好家も
財布の紐をきつくせざる
負えません。
これは仕方ない事です。

基本的に同人通販は
既に知名度のある

大手サークルしか売れません。

しかしこれは男性向け
の同人活動に当てはまり
女性向けは
作品と
(専門用語でジャンル)
キャラの組み合わせ
(専門用語でカップリング)
で売り上げが大きく変動します。


しかし
近年の女性向けでも大手サークルに
売り上げが偏向してきています。
同人書店のランキングを
見れば分かります。

貴方がもし買う側の立場であれば
分かると思うのです

品質も中身も面白さが信頼できる
有名人のサークルにまず一番
注目が入ってカゴに商品を
入れたくなると思います。


買う順番を分かりやすくすると

大手サークル(最重要)

中手サークル(重要)

小手サークル(そこそこ)

無名サークル(余り買わない)

の順で買いに行くでしょう。

同人通販サイトだと
大手サークルほど競争率が高く
売り切れが速いです。

(イベント会場だと逆に
無名サークルの方が
用意されている部数が少ない為
速く完売します)

通販の同人誌は委託手数料が
上乗せされるので
イベントで買うより高くなります。

合計金額を見たときに
余りの金額の高さに
正気になって、いらない本は
外されると思います。

同人誌が売れない – 既に固定の同人サークルしか同人誌の通販は売れない

とらのあなメロンブックスなどの
同人誌書店ランキングTOP
を上から順番に見たら
気が付くのですが
大体同じ有名な同人サークルばかり
売れています。


財布の紐が硬いので大手サークル
しか売れないのは仕方がありません。

しかし
正直商業誌と同じく
毎回同じ作者ばかりで
新鮮味がありません。

新規参入するには
昔は飛ぶように売れたのは
バブル経済の頃の話で
一発逆転で儲けたい!
と思っていきなり大量に本を刷ると
同人誌の在庫の山に埋もれます。

同人誌が売れない – 知名度を上げてから同人誌を作成しないと金銭的に厳しくなる

しかし今の時代でも
同人誌が売れているサークルは
既に商業活動をしていて
知名度があるサークルのみ
です。

いきなり無名の人が本を出しても
売れる事は厳しいです。

なので最初は
ネット上の同人活動に
特化したサービスを利用すると良い

でしょう。

極力お金と時間をかけたく
ないのであれば
オンライン同人活動
(ネット上でのみの同人活動)

に絞った方が
社会人の方には向いているでしょう。

ネット上でまずイラストを
投稿し続ける
「オンライン同人活動」
をする

ある程度人気が出てきた
と思ったら
オンライン同人即売会に
出展申請
する
※よくSNSで話題にされる
エアコミケやエアブーは
ただイベント時期に合わせて
同人書店に委託するだけなので、
「pictSQUARE(ピクスク)」
がイベントに参加している
感じが出てお勧めです

何回か出展して
さらに人気が出てきたと
思ってたら
従来の同人活動の
「オフライン同人活動」
をする
※同人即売会に出展申請
して同人イベント会場で
同人誌を販売します

同人書店に同人誌を
委託して通販する。


ここまでの手順を踏み込めば
極力お金と時間をかけずに
同人活動できます。

しかしTwitterとInstgramで
同人活動をするのは向いていません

理由をこれから説明します。

同人誌が売れない – Twitter/Instgramはそもそも同人活動に向いていない

Twitterは
拡散や瞬発力に優れている
SNSです。

オープンなSNSで
あるがために
公式に見つからないようにする
検索除け機能や
一般人に見つからないようにする
パスワード制限機能
が付いていません。


それに利用人口が多いが故
同人文化を毛嫌いする方も多く、
公式アカウントも普通にあるので
トラブルが多く多発しており、
ストレスが溜まります。


自分の想像以上に
良い意味でも悪い意味で
爆発的な拡散力を持っている為、
炎上する危険性も
あります。


いいねやリツイートなど
数字が表示される為に
気になる人は病みます。

この文章を読んで
「自意識過剰じゃないか?」
と思われるかもしれませんが
利用してみると
Twitterは
想像以上に依存して疲れやすい
SNSツール
です。
情報のノイズも非常に多いです。

過去にSNSの依存の高さと
危険性を詳しく描いた
記事を書いています。

Twitterの最も疲れない使い方は
誰もフォローせず
ミニブログとして割り切って
活動の報告程度で
簡潔に呟くのが無難です。

(同人専門用語で壁打ち垢

Instgramは
写真に特化した
SNSです。

日本人の利用者が投稿には
タグが英語表記が多く
海外の利用者が非常に多いです。


Twitterとの大きな違いは
画像に特化したSNSである為
文章が基本非表示
外部URLが貼れない事です。
URLはプロフィール欄の
URL欄しか貼れません。
同人活動には全く向いていません。

イラストの投稿で利用される
方も多いですが殆どが
オリジナルか

健全なファンアートしかないので
不健全な画像を投稿するのは
辞めましょう。


Instgramは最近いいね数を
非表示にして依存させ過ぎないように
したようですが
貴方の使用環境によっては
過去のようにスマホでもPCでも
いいね数は閲覧可能です。

そもそも数字を気にする人は
SNSに向いていない

別の方法で同人活動をすると
良いでしょう。
(例:パスワード制限付きの
ホームページを運用する等)

同人誌が売れない – 同人通販で売るよりオンライン即売会で同人誌を売った方が売れる

同人書店と自家通販は
「いつでも買える」
安心感がありますが、
「また買えるからいいか」
と後回しにされて
そのうちそのうちと
いつか忘れ去れて…

結局買われない事が
あります。


後回しにされて忘れ去れない為に
オンライン即売会で
限定的に販売するという方法

あります。

購入できる期間を設定する事で
購入者に
「イベント期間は今すぐ買わなきゃ!」
と意識させる事ができ、
普段より本が売れます。

全体的に不特定多数に向けて
売る
より
狭い範囲で濃い作品ファンに
売った方が
同人誌の売り上げが高いのです。


最近の男性向け女性向け問わず
中小クラスの同人サークルを見ると
縛りがなくどんな作風で出してもよい
オールジャンル大型即売会よりも
特定の作品とカップリングに
絞ったオンリージャンル中小即売会
の方に出展するサークルが多いです。

これは特定のオンリー作品に
一定期間のイベントに出展した方が
濃いファンの同好の士に会えて
同人誌もよく売れるから
です。

特定の作品・カップリングで
特定期間の通販だけにする

「本を買いたい!」
強く意識した購入者が多く
貴方の同人通販ページに
訪れて本もいつも以上に
売れる事でしょう。

同人誌が売れない – 同人活動に特化した同人サービスを利用すると閲覧者に好かれる

上でTwitterやInstgramは
同人活動に向いていない

描きましたが
「じゃあ何を使えばいいんだよ?」
と思う方もいるでしょう。

これは作風や人によりますが
まず貴方が
美少女・美男子を描くのが好きで
多数の人に見てもらいたい

ならば
pixivをお勧めします。

pixivの特徴は
萌え絵が多く、
イラスト好きな人口が多い事でしょう。

R-18やR-18Gも投稿可能ですが
閲覧者には刺激が強い
ので
ワンクッションの画像を
用意して「投稿」ページで
「複数の画像を投稿」を選んで
1枚目を注意文付きの
ワンクッションの画像を
入れて投稿しましょう。


投げ銭機能やpixivFANBOXという
ファンクラブの機能がありますが
二次創作でやると
公式から訴訟される可能性有なので
二次創作でやるのは絶対に
辞めましょう。


あまり大々的に公開するのはちょっと…
萌え絵は苦手、
パスワード制限をつけたい、
しかし自作のホームページを作る技術が
無いという方は
Wixをお勧めします。

WixはHTML/CSSなどの
コーディングの技術が不要で
簡単にコンテンツの作成が可能です。
パスワード制限も可能です。

R-18も国際法に基づいて
自己責任なら可能
です。
実際に利用している
成人向け同人サークルは多いです。

イラストページやお品書き、
ショップカート機能もあります。
SEO設定で検索除けをする事も
可能です。


広告が気になる方は
有料プランに入りましょう。

独自ドメインも設定可能なので
URLを短くすることも可能です。

同人誌が売れない – 公開範囲を設定出来るサービスを利用すべし

SNSは拡散力があるので
「活動を公式に知られてはいけない!」
というマナーがある
同人活動とは相性が悪いです。

pixivも正直公開範囲を
イラストごとにパスワード制限設定
が無いですしコメント欄も
非表示に出来ないので
ひっそりやりたい人には
向いていません。


なので二次創作で同人活動を
これからしたい方は
ホームページを
利用する
と良いでしょう。

今は簡単に専用知識がなくとも
ホームページが
作れて便利な時代にまりました。
今ならWixをお勧めします。
R-18も修正部分を
きっちりすれば可能です。

地方民の同人活動
最新情報をチェックしよう!