水彩画のパレットの基本の使い方と種類

こんばんわ、poyotan115です。
今回は水彩絵の具用のパレットの使用方法と
パレットの種類について教えようと思います。

水彩画のパレットの基本の使い方と種類 – 水彩パレットに絵の具のチューブを沢山出す

最初に使うときは
水彩絵の具のチューブから
仕切りいっぱいに絵の具を出すようにしましょう。


水彩絵の具は渇いた後も溶ける性質があるので、
少しずつ出して毎回洗う必要はありません。


ちなみに使用しているのは
サクラクレパス製の水彩用パレットです。

絵の具のメーカーがよく分からない方は
セットで購入するのがお勧め
です。
慣れてきたらメーカーごとに
色を変えると良い
でしょう。

絵の具の順番はカラーチャート順で
レインボーになるように

色を並べて入れましょう。

水彩画のパレットの基本の使い方と種類 – 水彩パレットに出した絵の具を乾かす

パレットに出した絵の具は
1日乾かしてから使用すると良いでしょう。

絵の具が乾ききっていない状態で
筆をパレットに置くと
筆にべったりと絵の具が付いてしまう
ので
乾ききってから使用しましょう。

水彩画のパレットの基本の使い方と種類 – 水彩パレットに乾かした絵の具を使用する

絵の具を乾かしたら水をつけた筆で
溶かしてパレットに試し塗りをしましょう。

広い部分で絵の具を混ぜ合わせながら
色を確かめてから塗りましょう。

水彩画のパレットの基本の使い方と種類 – 初心者におすすめの水彩パレット

【417円×1セット】【ゆうパケット配送可】サクラクレパス パレット 24色用 パレツト24K

価格:417円
(2021/4/15 09:00時点)
感想(0件)

初心者にお勧めなのは
サクラクレパス製の24色用のパレット
です。
実際私も現在使用していますが
24色でも十分に足りるくらいで
十分に絵が描けます。

ちなみに使用絵の具は基本色はホルベインで
蛍光色はクサカベと使い分けていて
どちらも国産絵の具で海外メーカーより
安いです。

サクラクレパスなら画材屋でなくても
文房具屋で手に入りやすいですし、
値段も他のパレットより安く複数買いして
水彩絵の具のメーカーをバラバラに入れて
使い分けているプロの方もいます。

15色と18色もありますが、
筆を指す穴が開いており
邪魔になるの
で穴が開いていない
24色が一番使いやすいです。

100円均一のパレットと違い
絵の具が弾きにくい
ので
きちんとしたメーカーの
パレットを購入しましょう。

水彩画のパレットの基本の使い方と種類 – プラスチック製 – 一番格安な水彩パレット

【417円×1セット】【ゆうパケット配送可】サクラクレパス パレット 24色用 パレツト24K

価格:417円
(2021/4/16 22:20時点)
感想(0件)

プラスチック製の水彩パレットは
文房具屋にも販売しており
一番入手が簡単で値段もお値打ちです。

デメリットは長く使っていると
黄ばんできて
混ぜた色が確認しずらくなることです。
黄ばんで来たら取り替えましょう。

子供から大人まで利用しやすいパレットだよ

水彩画のパレットの基本の使い方と種類 – アルミ製 – 洗いやすい水彩パレット

ターレンス アルミパレット 26S

価格:1,663円
(2021/4/16 22:21時点)
感想(0件)

アルミ製の水彩パレットは
洗いやすく色の確認もしやすいです。
重さがありパレット自体は固定しやすい事と

デメリットは値段が高い事と
長く使っているとたわんでくる事です。

プロフェッショナルなパレットだね

水彩画のパレットの基本の使い方と種類 – ハーフパン – 携帯しやすい水彩パレット

W&N ハーフパン 12色用空ケース 水筆入

価格:693円
(2021/4/16 22:22時点)
感想(0件)

ハーフパンはチューブの水彩絵の具と違って
固形水彩となっており、
パレットにはめ込んで使います。

デメリットは混ぜる広い部分が無い為、
単色で塗る事しか出来ません。
そこでパレットを自作する人もいます。

携帯用として便利なパレットだよ

最新情報をチェックしよう!

水彩の最新記事8件